更新情報
ホーム > 更新情報一覧 > 特別講演会のお知らせ【2019.9.10 審良 静男 先生】

北海道支部について

特別講演会のお知らせ【2019.9.10 審良 静男 先生】(2019.08.20更新)

演題

炎症・免疫応答に関わるエンドリボヌクレアーゼRegnase-1

演者

審良静男 先生

所属

大阪大学免疫学フロンティア研究センター、微生物病研究所、自然免疫学分野

日時

2019年9月10日(火)15:30-16:30(予定)

場所

北海道大学医学部学友会館フラテ 2階 特別会議室

主催

北海道大学遺伝子病制御研究所大学院医学院分子神経免疫学 
世話人:村上正晃

共催

日本生化学会北海道支部

概要
炎症や免疫応答は、ダイナミックな遺伝子発現の変化を伴う。遺伝子発現は、
転写、シグナル伝達経路、さらにはmRNAの安定性等いろいろな段階で制御されている。これまでは、転写制御の研究が勢力的に行われてきた。しかし最近の研究で、転写制御と同様にmRNAレベルでの遺伝子発現の制御も、炎症・免疫応答では重要な役割を果たすことがあきらかとなりつつある。われわれは、リポポリサッカライド誘導遺伝子としてZc3h12a遺伝子を同定し、ノックアウトマウスの解析から、その遺伝子産物がIL-6, IL-12の3’非翻訳領域のステム・ループ構造に結合し、これらのmRNAを分解するエンドヌクレアーゼであることをあきらかにした。機能に基づき、この分子をRegulatory Rnase-1(Regnase-1)と命名した。このセミナーではRegnase-1の機能と制御について述べてみたい。
連絡先

北海道大学遺伝子病制御研究所分子神経免疫学分野 
札幌市北区北15条西7丁目
上村大輔
011-706-5120、kamimura@igm.hokudai.ac.jp

関連資料


[ ←前の記事へ ]  [ 次の記事へ→ ]