更新情報
ホーム > 更新情報一覧 > 特別講演会のお知らせ【2024年6月25日 Prof. Ruth E. Ley 】

北海道支部について

特別講演会のお知らせ【2024年6月25日 Prof. Ruth E. Ley 】(2024.06.20更新)

6月25日に講演会を開催しますのでご案内申し上げます。Ley先生はドイツのMax Planck Institute for BiologyのDirectorで、腸内細菌叢の成り立ちや自然免疫との連関、細菌叢とさまざまなヒト病態との関わりの解明等を精力的に進めておられます。17万回超という論文被引用回数をお持ちの、まさに細菌叢研究のトップランナーです。多数のご参加をお待ちしております。

演題

Silent recognition of flagellins from human gut commensal bacteria by Toll-like receptor 5

演者

Prof. Ruth E. Ley  

所属

Max Planck Institute for Biology, Germany

日時

2024年6月25日(火)10:00〜

場所

北海道大学医学部百年記念館1階 大会議室(札幌市北区北15条西7丁目)

共催

日本生化学会北海道支部

【後援】北海道大学遺伝子病制御研究所、文部科学省共同利用・共同研究拠点「細菌やウイルスの持続性感染により発生する感染癌の先端的研究拠点」、北海道大学2024年度新たな学際領域を生み出す異分野融合研究拠点をコアにした若手研究者育成

概要

Flagellin, the protein unit of the bacterial flagellum, stimulates the innate immune receptor Toll-like receptor (TLR)5 following pattern recognition, or evades TLR5 through lack of recognition. This binary response fails to explain the weak agonism of flagellins from commensal bacteria, raising the question of how TLR5 response is tuned. I will describe a novel class of flagellin-TLR5 interaction, that we termed silent recognition. Silent flagellins are weak agonists despite high affinity binding to TLR5. This dynamic response is tuned by TLR5-flagellin interaction distal to the site of pattern recognition. Silent flagellins are produced primarily by the abundant gut bacteria Lachnospiraceae, many of which I will show share an evolutionary history with human populations. These findings provide a mechanism for the innate immune system to tolerate commensal-derived flagellins.

連絡先

 園下将大
北海道大学遺伝子病制御研究所 がん制御学分野
札幌市北区北15条西7丁目
TEL: 011-706-8801, FAX:011-706-8802
e-mail: msonoshita@igm.hokudai.ac.jp

関連資料


[ ←前の記事へ ]  [ 次の記事へ→ ]